銀行のフリーローンについて

フリーローンは、多目的ローンなどと呼ばれることもあります。
専業主婦カードローンMrs.でもフリーローンについて書かれています。
銀行などの金融機関が取扱うローンで、資金使途が特に制限されていないのが特徴です。
同じく資金使途が自由なカードローンと一見同じように感じますが、申込みに関して異なる点があります。
カードローンは一度審査に通れば、限度額の範囲内なら何度でもATMやネットで融資を受けることができます。
いっぽうフリーローンは申込みのたびに審査があり、借入時に契約書を取り交わす方式が取られます。
一般的にフリーローンには、無担保型と有担保型の2通りのタイプがあります。
無担保型は旅行や引越し、また結婚など小口のローンになります。
有担保型は比較的大口のローンで、相続資金や別荘購入などに使用されるケースが多いです。
フリーローンの申込みには印鑑や本人確認書類、源泉徴収票等の年収を確認できる書類や資金使途が確認できる書類などが必要になります。銀行のフリーローンは申込みも簡単で審査も早めなので利用者も多いです。
最近ではインターネット上で手続き全てを完了できるフリーローンも増えてきています。
フリーローンは他のローンに比べると金利が高めなことがデメリットといえます。
ですから手軽に借り入れしすぎると、利息がふくらみ返済が困難になる危険がありますので注意が必要です。
住宅ローンやマイカーローンのような使途が限定されているローンは、比較的金利が低めに設定されています。
その分これらのローンは審査にかかる時間も長く、審査基準が厳しい場合が多いです。